ネイリスト技能検定試験にチャレンジするためのネイルスクールの選び方

ネイリストはネイルアートを想像する人が多いですが、実際の仕事内容は、定期的な爪のお手入れや、爪の修理が多いようです。ネイリストの仕事内容は、ネイルケア、リペアー、ネイルアート、エクステンション、フットケアがあります。
ネイリストに求められる資質には、ネイルが好きであること、お客さんへの心配りができること、接客マナー、向上心があることが挙げられます。技術だけでなく、コミュニケーション能力も求められる仕事です。上記のような資質に自信のない人は、就職してから、挫折する可能性が高いです。まずは自分の資質を見直し、やれる自信がある人のみ、ネイルスクールなどにチャレンジした方が良いでしょう。
ネイリストを名乗るのに特別な資格は必要ありません。しかし、ネイリストになる人は、ネイルスクールや通信講座で学び、試験を受け資格を取得します。その後、ネイルサロンに就職するという過程を通ることがほとんどです。ネイルサロンの求人ではJNECネイリスト技能検定2級以上と有資格者を対象にしているものが多いです。ネイルサロンで経験して、独立・開業する人もいれば、そのまま店舗に雇われて働き続ける人もいます。
ネイリストの資格にはJNECネイリスト技能検定、INAネイリスト技能検定、JNAジェルネイル技能検定などがあります。ネイリスト検定の主流は「JNECネイリスト技能検定試験」と「JNAジェルネイル技能検定試験」です。

JNECネイリスト技能検定試験は年間受験者数約6万人と、ほとんどのネイリストが取得する資格です。1級~3級に分かれており、JNAジェルネイル技能検定試験はジェルネイルに特化した試験です。JNECネイリスト技能検定試験にプラスアルファでチャレンジする人が多いです。初級、中級、上級の3段階に分かれています。
ネイリスト資格取得のための学習方法は、ネイルスクール、通信講座、独学があります。独学でネイリストになる人はほとんどいません。
ネイリストを目指す人はネイルスクールか通信教育を選ぶことが多いです。
スクールは講師が直に指導をしてくれます。現場の実践的なスキルを学ぶことができます。また同じ目標を持った仲間がいるので刺激になります。一番資格取得に近いのがスクールと言えます。
通信講座もDVDでプロの技術を繰り返し見ることができるというメリットがあります。何回も見れるので、スクールで指導してもらうより分かりやすいという人もいます。レッスンで分からなかったところは郵送やメール、電話などで何度も質問できる講座もあります。費用も通学より抑えられます。しかし、自宅で学習することになるので、TVやインターネットなどの誘惑に負けない自己管理が大切になっています。
自分のライフスタイルや性格に合った方を選ぶ方が続きやすいでしょう。
スクールでも通信でもまずはいくつか資料請求して、講座内容を比較することが大切です。