ネイルスクール選び・技術習得のための基礎知識

女性の憧れの職業の一つ「ネイリスト」。個性豊かな爪のオシャレを演出するスペシャリストです。ネイリストとして働く人の多くはネイルサロンで働いて技術を磨くことになります。業界トップレベルのネイリストとなると、芸能人の専属ネイリストとして活躍したり書籍を出版したりする人がいます。世界を舞台に活躍するネイリストもいます。自分のネイルサロンをオープンさせる人も少なくありません。最近では、多くの女性が気軽にネイルサロンを利用するようになっています。今後もネイルサービスの需要は見込まれますし、まだまだ可能性は広がっていると言えるでしょう。他にも、技術と基礎知識を活かして、ネイルスクールの講師として働く進路もあります。
ネイリストになるために必要なものは、まずファッションが好きであること。色彩感覚や手先の器用さも求められます。そして、資格です。資格を持っていなくてもネイリストとして働くことは可能です。しかし、就職するにあたって資格も経験もない状態でアピールするのは難しいことです。資格の勉強を通して学べる基礎知識は仕事に活かすことができますので、ネイルスクールでの勉強と並行して、積極的に資格取得を目指して学んでいきたいところです。さまざまなネイリスト検定がありますので、ぜひチェックしておきましょう。

ネイリストになるための第一歩として、ネイルスクール選びが重要になってきます。スクール選びの際は、事前に情報を収集すること、自分が必要とする条件を決めておくことが大切です。まず気になるは、費用ではないでしょうか。ネイルスクールのような民間の学校は、学費が決して安くはありません。入学金・教材費・授業料合わせて50万円以上かかることもあります。スクールや講座の内容によって費用は変わってきます。最近では、国や自治体による職業訓練でもネイリスト講座が開かれています。こちらは授業料がかかりませんが、職業訓練からプロとして活躍する人は多くないというのが実情のようです。その点、専門のネイルスクールでは、プロになることを前提に技術を磨けるカリキュラムが組まれていますので、就職には強いと言えるでしょう。「ネイリスト技能検定試験」や「ネイルスペシャリスト技能検定試験」の取得をサポートしてくれるネイルスクールは心強い味方となります。どちらもネイルの基礎知識が問われる学科試験と実技試験が課されます。独学で学ぶのは難しく、短い講座でマスターするのは大変です。合格のための対策コースを受講できるスクールを探し見てみるのもよいでしょう。多くのネイルサロンでは、ネイル検定2級以上の資格を持っていることを募集要件にしています。基礎知識をしっかり固め、資格習得後、さらに勉強を重ねてフリーランスで活躍する道もあります。